パワーストーンイメージ

『パワーストーン』モルダバイトの奇跡

大昔から人は石をまじないやお守りとして身につける風習がありました。
弥生時代から伝わる『勾玉』もその例の一つですね。
『パワーストーン』も古くから神聖な石として用いられ、300年ほど前のヨーロッパでも婚約や結婚指環にして恋人に送られ幸せを誓い合ったという歴史も残っています。
『モルダバイト』はそんな神聖で、由緒ある力のある石。
数ある石の中でも最高のヒーリングストーンのひとつとされています。
石のもつエネルギーに慣れてない人が持つと『湯あたり』のような症状を起こしてしまう事も、というデータが残っている力の強い石なのです。
これは『モルダバイト』が脳のデルタ波に影響を与えるからだ、という波動測定上の結果である事と分かっています。
この石のヒーリング効果は以下の通り。
・幸運と豊穣のお守り。
・意識の進化。
・強力な癒し。
・カルマを解消する助け。
・前世の記憶に繋がる。
・潜在的な問題を顕在化させる。
・繁栄。
・霊的成長。
・ヒーリング能力を高め、ヒーリング時の不可を軽減。
モルダバイトは形成過程に宇宙的なルーツを持つ石で、そのことから自分がここに生まれてきた意味に触れる石、魂のルーツに触れるように働く石とされています。
それはカルマと深い関わりがあり、前世から持ち越された問題を浄化するために働き、意識の進化を促すそうです。
もつ人を選ぶ石とも言える石ですが、うまく力を引き出せればとても頼りになる石なのです。
私は特に父との確執、音楽へのこだわりが問題になって仕事も音楽活動もうまくいかず、とても苦しんでいました。
バンドを組んでもすぐ解散、友達が出来てもすぐ音信不通になったり仕事もすぐ上司と揉めてしまったり、同僚や先輩とおりが合わず職も転々とするような生活でした。
自分でも問題だとわかっているのに、どうしても解決できなかったのです。
そんな時、どんなものでもいイイからこの問題を解決してくれるものを探していたので、たまたま『パワーストーン』のモルダバイトのサイトを見つけてその効果に期待して、ブレスレットを身につけるようになりました。
それから間もなくして、父が亡くなりました。
遺品整理や財産整理をしたら、借金があることが分かりました。
私の父は酒を飲んでは暴れるような人で、どうしようもない人だと思ってました。
だから、借金自体は「やっぱりか」と特に驚くこともなかったのですが、よくよく調べてみると、遊びやギャンブルではなく友人の連帯保証人や生活のための借金だったことが分かりました。
これが酒びたりになりがちで、暴れる理由かとわかったら父を恨む気持ちも和らいでいき、ふっとある時ピアノを買ってくれた時の父の事を思い出したのです。
ピアノを習うことを勧めてくれたのは父だった事を思い出した時憑き物が押したように、怒りや恨みも消えて、ただただ父が気の毒でもっと優しい言葉をかけて上げれば良かったと、涙したのでした。
財産放棄して借金問題も片付き、いつもの生活に戻ったとき生まれ変わったように、すべての物事も良くなっていきました。
仕事でも、父親に似た上司に怒られても素直に謝れるようになったしバンドメンバーが練習不足でうまく演奏出来なくても、話を聞いて、仕事が忙しいなどの理由があって仕方がないと納得して喧嘩になることもなくなりました。
そもそも私が音楽をやる理由も父親の愛情を感じる出来事だったおかげだしなにより父親に私の音楽を聞いて欲しかったんだ、振り向いて欲しかったんだと、自分の潜在的な想いに気づけた事が私のほとんどの問題を解決する事が出来たのです。
騙されたと思ってでも、『パワーストーン』を身につけて良かったと思うしこれからも『モルダバイト』の力を借りて、自分の好きなことをできるようにしていきたいし、この石は私を成長させてくれるように守ってくれるでしょう。
パワーストーンはお守りのような働きをしてくれるので、これからも浄化というお手入れをしてずっと身に着けていきたいです。

Copyright(C) 2010 石の不思議な力.com All Rights Reserved.